アメリカ株:初心者におすすめの投資信託・ETF(2022年最新)

世界最強の米国経済。30年以上にわたり右肩上がりで上昇をし続けているアメリカ株の人気が高まっています。

そんな圧倒的なパフォーマンスのアメリカ株にまるっと投資できる初心者向けの投資信託・ETFを紹介です。

今回の記事でわかること
そもそもアメリカ株は儲かるのか解説
初心者におすすめのアメリカ株(投資信託)を紹介
初心者におすすめのアメリカ株ETFを紹介

今回は高いパフォーマンスで人気のアメリカ株にまるっと投資できる、初心者向けの投資信託・ETFを紹介していきます。アメリカ株は、リーマンショックやコロナショックなどの大暴落を乗り越えて長い間右肩あがりで伸びている力強い市場です。

Apple、Microsoft、Google、NVIDIAそしてテスラなどの企業、新たなイノベーションを次々と生み出すこともあり、投資先として非常に魅力的。世界経済を牽引しているのは、これらの米国企業であると言っても過言ではないでしょう。

自分も実際に投資をしている投資信託やETFを中心に初心者も投資しやすい商品を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

投資信託の購入ならマネックス証券が圧倒的に使いやすいです。

100円から投資信託が購入可能。しかも全ての投資信託の購入時申し込み手数料が無料(ノーロード)!

運用コストの低い投資信託を中心に1,100本以上の投資信託を取り扱っているので、選び放題です。

もちろんつみたてNISAやiDeCoもお得に利用できます。

口座開設・維持管理は無料なので、ぜひ試して見てはいかがでしょうか。

 

そもそもアメリカ株は儲かるのか?

日本の個人投資からも人気の高いアメリカ株。人気の秘密は、過去のパフォーマンスを見ると明らかです。

以下が過去30年間の米国を代表する大企業500社で構成されている株価指数S&P500のチャートです。きれいに右肩上がりで上昇しているんですね。

ITバブルの崩壊や2008年ごろのリーマンショック、2020年のコロナショックなどで株価は大きく下落する局面もありましたが、これらの金融危機を乗り越えて米国の株価は最高値を更新し続けています。

日本の株価指数である日経平均株価は、1989年末に記録した史上最高値である3万8915円をいまだに超えることができていないんですよね。

ちなみに、このS&P500に連動するETFの1993年以降の年率リターンの平均(21年9月30日現在)は、以下の表のとおり10%を超えています。

なので、米国株に投資をするということは、過去の株価推移から高いリターンを期待できるということです。

なお、今回紹介した株価指数S&P500の特徴や米国株だけに投資するので良いのか?については以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

 

初心者におすすめのアメリカ株(投資信託)

やはり初心者に一番おすすめする米国株投資は株価指数に連動するインデックスタイプの投資信託を購入することです。

投資信託は、個人投資家から集めたお金で投資の専門家が株や債券、リートなどの金融商品に分散投資をしてくれるんですね。

投資信託をおすすめするのは、

初心者に投資信託がおすすめな理由
  • 証券会社によっては100円から購入可能
  • 外国資産タイプでも円建てで投資可能
  • 証券会社によってはポイントが貯まる
  • 積み立て設定が簡単

ということ。

個別株を購入するとなるとまとまった資金が必要となりますが、投資信託であれば100円からでも米国の優良企業に分散投資することができるんですね。

アメリカ株というと、どうしても”難しそう”とか”ハードルが高くて無理”といったイメージを持つ方も多いかもですが、日本の投資信託であれば円建てで手軽に投資することができます。

日本で購入することができる投資信託は5000本以上ありますが、特に初心者の方におすすめするのが、S&P500やナスダックなどの株価指数に連動するインデックス型の投資信託です。

おすすめ①:eMAXIS slim 米国株式(S&P500)

米国を代表する大企業500社で構成されている株価指数S&P500にまるっと投資できるインデックスタイプの投資信託です。

なんと言ってもコストが激安で、アメリカ株であるにもかかわらず信託報酬も0.1%を切る水準。

これ一本でApple、Microsoft、Google、P&G、テスラ、ウォルト・ディズニー、Netflixなどにまとめて投資することができます。

おすすめ②:楽天全米株式インデックスファンド

小型株も含めて米国の株式市場に上場する企業全体にまるっと投資をしたいという場合は、この投資信託が圧倒的におすすめです。

大企業だけではなく、将来の成長が期待できる中小型株も含めて3500銘柄以上に分散して投資することができます。

おすすめ③:iFree NEXT NASDAQ100

アメリカの新興企業向け株式市場であるNASDAQに上場している上位100銘柄に分散投資する投資信託です。

新興企業ということもあり、ITハイテク企業やテクノロジーの銘柄が多く組み込まれていて、高いリターンを期待できます。

S&P500が業績の安定している企業が大半ですが、NASDAQに上場しているのは成長性の高い勢いのある企業ということです。

初心者におすすめの米国株(ETF)

米国ETFはインデックスファンドの一種ですが、株式市場に上場している投資信託で正式には”上場投資信託”と呼ばれます。

米国市場に上場されていることもあり、外国証券口座を開設して外貨建てで取引しなければなりませんが、米国ETFをおすすめするのは、

初心者にETFがおすすめな理由
  • コストが投資信託より安い
  • 普通の株式と同じように取引できる

ということ。特にS&P500に連動するETFは年間経費率が0.03%と激安です。

低コストというメリットのほか、ETFは株式市場に上場していることもあり、株と同じようにリアルタイムで取引することができます。

初心者にはおすすめできませんが、デイトレードのように短期間で何度も取引をしたい場合は、ETFを活用するのも一つの方法です。

おすすめ①:S&P500ETF VOO

S&P500に連動するETF。米国ETFの中では、人気の定番商品ですね

なんといっても年間経費率が0.03%ということで、この安さが大きな魅力。おそらく米国ETFの中でも最もコストの安いETFの一つです。

おすすめ②:高配当ETF VYM

アメリカの高配当株にまるっと投資できるETFです。

配当利回りが高い業績の安定しているアメリカ企業への投資となります。P&G、JPモルガン、インテルなど老舗企業が多いですね。

VYMの分配金利回りは3〜3.5%程度。定期的なインカムもしっかり欲しい方に向いたETFです。

おすすめ③:ナスダックETF QQQ

アメリカのNASDAQに上場している上位100社に連動するETF。

ナスダックにまるっと投資するならこのETFが真っ先に名前が上がるぐらいの投資家の間で人気の定番商品です。

経費率が0.2%と割安で、投資信託で投資するよりもコストが低いです。

まとめ:初心者におすすめアメリカ株の投信

今回は、初心者におすすめするアメリカ株の投資信託とETFについて紹介していきました。

アメリカの株式市場は長期的に右肩上がりで上昇。世界各国で事業を展開しているグローバル企業や高いイノベーションが期待できるハイテク企業など将来性も十分です。

まずは今回紹介した投資信託やETFから米国株投資を始めて、慣れてきたら個別株にチャレンジしてみるのも良いかと思います。

それでは。

おすすめの記事